フィンペシアで希望の光を見る

フィンペシアには、薄毛治療のほかに前立腺肥大症にも効果が認められており、一人二役のスグレモノ。とは言え、自己判断で双方の症状への効果を期待せず、しっかりと医療機関の判断を仰いだ上で使うようにしましょう。

希望の光とフィンペシア

フィンペシアは2つの効果がある!?

2つの効果言わずと知れたAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品がフィンペシアになっていますが、2つの効果を持っています。ひとつはもちろんAGAの効果ですが、もうひとつは前立腺肥大に治療薬です。プロペシアやフィンペシアの主成分であるフィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として使われていましたが、副作用で頭髪が濃くなったことでAGA治療薬として開発された経緯があります。もとはと言えば前立腺肥大の治療薬でした。このような副作用のかたちで、他の医薬品として誕生するケースも多いです。AGAの原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンになりますが、これを作らせないようにするのがフィンペシアの役割です。5αリダクターゼという酵素とくっつくことでジヒドロテストステロンが産生されますので、その酵素を阻害する効果を持っています。またこの男性ホルモンは、前立腺肥大の原因にもなっていることから、双方の治療薬に効果的であることがわかるはずです。フィンペシアはプロペシアと同じように副作用も少なく、日本のクリニックよりも安く購入できる点にメリットがあります。クリニックで処方されるプロペシアは1ヶ月で8000円ほどしますが、フィンペシアの場合はその半額以下の料金で、しかも3か月分以上の量も購入することができます。ただし個人輸入は偽物も多いですので、信頼できる場所で購入するようにしてください。前立腺肥大の医薬品を購入することができ、ピルカッターで割って服用すれば経済的な使い方もできますが、管理方法を間違えると湿気により効果が出にくくなることもあります。このような情報を入手してから、正しい知識のもとで医薬品を扱ってください。

フィンペシアにもリスクがあるの?

フィンペシアにリスクがあることを知って落ち込む男性日本の厚生労働省が認めるAGA治療薬のプロペシアは、フィナステリドと呼ばれる有効成分を配合しており、この成分によってAGAの原因となるDHTを生成する5αリダクターゼの働きを抑制します。悪性の男性ホルモンと呼ばれるDHTの生成を抑えることで、抜け毛を抑えて正常な発毛を促すことのできる治療薬となっていますが、AGA治療そのものが保険適用外となっているため購入にはかなりのお金を支払うことになります。その費用を抑えることができる飲み薬として登場したのがフィンペシアと呼ばれるもので、全く同じ有効成分であるフィナステリドを配合し、販売価格は4分の1または10分の1程になるので、生活に負担をかけずにAGA治療が可能となっています。このフィンペシアは非常に安いことから使い勝手が良い飲み薬となっていますが、プロペシアと同様の成分を使用していることから副作用のリスクが伴います。主な副作用は性欲減退、勃起障害、頭痛、腹痛、めまい、肝障害、うつ症状、体毛が薄くなるなどですが、特に顕著に報告されているのが男性の乳房肥大化という症状です。プロペシアでも同じように副作用のリスクが添付文書に記載されていますが、乳房肥大化は特にフィンペシアで起こりやすく、多くの男性で乳房が女性のようになってしまったという報告が挙げられています。フィンペシアの安全性については、ジェネリック大国と呼ばれるインドの製薬会社が製造するので問題はありませんが、正しくジェネリック医薬品として販売されているわけではない点に注意しましょう。インド国内でもプロペシアのジェネリックではなく、フィンペシアと呼ばれる全く別の医薬品として扱われています。価格の安さからジェネリックなどと呼ばれますが、実際はただのコピー品であるため、自己責任で使用する覚悟が必要となってきます。
■フィンペシアについて詳しく見てみましょう
フィンペシアに関する情報が載っています
■フィンペシアと同等の効果があるエフペシアもおすすめ
エフペシアで増毛!
■神戸のAGA治療を受けれるクリニックをお探しの方はこのサイトを見て決めましょう
AGA 神戸