フィンペシアには、薄毛治療のほかに前立腺肥大症にも効果が認められており、一人二役のスグレモノ。とは言え、自己判断で双方の症状への効果を期待せず、しっかりと医療機関の判断を仰いだ上で使うようにしましょう。

希望の光とフィンペシア

前髪が薄くなっても医者からフィンペシアの処方?

前髪が薄くなったとしても、医者からフィンペシアの処方をしてもらうことはできません。日本国内で認可されている脱毛症に関する薬はプロペシアという薬だけなので、海外では認められているフィンペシアも日本国内のクリニックでは処方してもらうことができません。では、具体的にどのような方法でこの薬を入手すればよいのでしょうか。もっとも簡単な方法は、個人輸入を利用して海外から薬を個人の目的で購入することです。フィンペシアを代表とする薬は、一般的にジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品に該当します。後発医薬品というのは、元になっている先発医薬品の存在があって成り立つ医薬品であるため、成分やその効果に関しては先発医薬品と大差がないものを作ることができるメリットがあります。それだけではなく、ジェネリック医薬品は大量に生産されて市場価格が安くなっているものが大半なので、日本国内で販売されている先発医薬品と比較してもかなり価格が安くなっている傾向にあるのです。薬としての効果や価格、そして成分などを含めて考慮すると、海外のジェネリック医薬品を入手して治療を進めていくことは悪いことではありません。そのための手段として、海外から個人が薬を購入することができる個人輸入の代行と呼ばれるサービスが存在するのです。個人輸入の代行サービスでは、個人の代わりに業者が海外から薬を購入してくれます。確かに、海外から薬を仕入れて日本国内で転売すると犯罪行為になりますが、個人の目的のみで海外から薬を仕入れることは犯罪行為にはなりません。日本国内には日本では販売されていないものを輸入によって入手することを否定していないので、その点は誤解をしないように注意をしておきましょう。